外壁塗装の相場価格を一括見積もり
外壁塗装の相場を一括見積もり 外壁塗装の価格を一括見積もり

悪徳業者の手口

外壁塗装の価格の相場はこちらから ご利用者様の施工事例はこちら

外壁塗装の悪徳業者が使う手口

当たり前のことですが外壁の塗り替え工事は、業者選びですべてが決まります!
後々、後悔をしないためにも、塗装業者をしっかりと選びましょう。
外壁塗装の工事をする業者を選ぶポイントをいくつかご紹介します。

外壁塗装業者を選ぶポイントとしては、塗装プランの提案力や過去の実績や信用できる第三者からの施工後の評価やアフターサポートなどがあります。
またニュースや新聞などで "悪徳リフォーム業者" が連日問題になっています。
リフォーム業界に限らず、どの業界にも悪徳業者というのは存在するものです。

外壁塗装の工事業界にも、残念ながら存在します。
多くの外壁塗装の工事業者は、誠実できちんとしておりますが一部の悪徳業者の存在のために依頼する側のお客様は困惑してしまいます。悪徳業者を見破る知識も身に付けておきましょう。

外壁塗装を検討中の方の為に外壁塗装業者を選ぶポイント!
悪徳業者に気をつける
悪徳業者の例(1)
悪徳業者の例(2)
悪徳業者の例(3)
タウンページや広告から塗装業者を探す。
お知り合いやご近所からの紹介。

悪徳業者に気を付ける

※飛び込み訪問をする外壁塗装業者、連絡もなく突然自宅に来る業者です。

この時点で少し疑う心構えをして対応することをおすすめします。
悪質な業者の訪問営業で、よく使われる手を何点かお伝えしますので注意点としてください。

大げさに外壁の悪い状態を伝えて、不安感を煽る手口
誠実格安と宣伝をしながら手抜き工事で利益を上げる手口
テレビのCMをしている塗装会社で現在キャンペーン特別価格ですと迫る手口
ホームページ掲載や地域モニターになって頂きたいと特別価格で迫る手口他にも色々とあると思いますが、よく聞く手口は上記になります。

とにかく、基本的に言える事だと思いますが、
訪問販売が来ても絶対に、その場で契約や買い物をしてはいけません。

本当に良い物だとしても数日、数ヶ月期間を空けてから契約や買い物をするようにしてください。
今だけ!期間限定!今回だけ!特別価格!よく使われる単語ですが
今だけ!期間限定など、また必ず同じことを絶対にします!

実際に、今だけ価格で、その後にその価格以下で販売しないなんて見た事ないですよね?
同じようなキャンペーンを何度もやるんです。
だから絶対に焦って訪問販売で契約することのないように心がけましょう!

悪徳業者の手口の例(1)

※飛び込み訪問をする外壁塗装業者、連絡もなく突然自宅に来る業者です。

突然自宅のチャイムを鳴らし
「ご自宅の外壁の塗装が、かなり劣化しているので
          早く塗装工事をしないと雨水が染み込んで壁が腐ってきますよ」
など不安を煽って、工事をするように迫る塗装業者です。

この手の営業マンは、口が達者で知識が無い人が話を聞くと不安になってしまいます。
事前に連絡もなく、いきなり訪問してくる営業マンに対しては警戒してください。
もし話を聞き不安になったら、他の外壁塗装業者に相談しましょう。

悪徳業者の手口の例(2)

※極端な値引きをする塗装業者

予算オーバーと伝えると、30万、40万と値引きをしてくる塗装業者です。
値引きをしてくれる事はありがたい事ですが、まず極端な値引きには要注意です。

悲しいことですが実際に、そういった塗装業者が存在します。
何故、極端な値引きに注意が必要かと言うと
・はじめから取れるだけお金を取ってやろうと見積もりで高値を出している。

この事から既に良心的な塗装業者ではありません。
ですので値引きをしてくれても
・値引き分を手抜き工事で調整してしまう可能性があると言う事にもつながります。

手抜き工事の1つの例ですが
外壁塗装工事は、外壁を塗る回数で耐久性が大きく変わります。
この回数を減らしてコストを下げる事ができます。
実際に2回しか塗っていなくても、3回塗ったと言われれば知識の無いお客様側には、見分ける事は、ほぼ不可能です。

良心的な塗装業者ですと、あなたの外壁塗装の予算内で提案内容を考えて話し合いをして予算金額の範囲内でベストな提案をしてもらえます。

悪徳業者の手口の例(3)

※他社のデザインでそのまま工事をしようとする外壁塗装業者

あなたが既に外壁塗装業者から見積書・デザイン案を提出されているとします。
見積書・デザイン案を比較したい為、他の外壁塗装業者に見積もりをお願いするときに既に提出されている見積書・デザイン案を見せて
「これは他の外壁塗装業者のデザイン案ですが、こんなイメージにしたい」
「このイメージで外壁塗装工事をしてもらうと、金額はどれくらいになりますか」
など外壁塗装業者に言ったとします。

それに対する回答が、
「うちの会社でしたら、このデザインのままで、この会社の30%安い金額で作りますよ。うちは、お客様のことを考えて安くやりますから」など言ってくる外壁塗装業者がいます。

これもかなり悪質な外壁塗装業者だと考えていいでしょう。
「同業者のデザインでやります」ということ自体が間違っています。
良心的な外壁塗装業者ですとプライドもありますし、モラルの問題もありますので普通はありえません。

また、他社のデザイン案のままで値段を抑えるということは、実際に目に見える部分は同じでも、目に見えない部分に手抜き工事をするということです。

※どこかの材料費を抑えないと価格は安くできません。
このような外壁塗装業者は工事もいい加減で後々トラブルになる可能性があります。

安くて良い物を…と考えるのは、至極当然のことかもしれませんが、
安かろう悪かろうという用語が在るとおり「安さ」ばかりにこだわってしまいますと悪徳業者に騙される確率が高くなるので気をつけましょう。

タウンページや広告から塗装業者を探す

タウンページ(電話帳)の『塗装』の欄を開きますと、「外壁の塗装業者」の広告がたくさん出ていると思います。どの広告も、素晴らしいことがたくさん書いてあります。

ですが、全く知識のないお客様が、「どの広告内容が良いか」はわかるはずもありません。
また、知識があっても広告のみで業者の良し悪しを判断するのは不可能です。

広告の内容を読み「とりあえず、電話して家に来てもらおう」と思い電話して自宅に来てもらったら、上記のような悪徳業者だったら最悪な事になります。

また、電話して自宅に来てもらったら元請けで下請けに出し中間マージンを取る会社かも知れません。
自宅に来てもらうまでは提案も受けることができないので、広告ではどんな外壁塗装業者か全く分かりません。
タウンページの広告を見て、外壁塗装業者に依頼をするのはやめておいた方が良いと思います。

お知り合いやご近所からの紹介

外壁塗装を依頼する場合に多い例としては、
すでに外壁塗装の工事をしたお知り合いや、ご近所からの紹介かと思います。

もちろん、紹介された外壁塗装業者を選ぶのは間違いではありません。
あなたのお知り合いが紹介するくらいですから悪徳業者だという可能性もまずないと思います。
そういった点では安心して外壁塗装を依頼できると思います。

お知り合いの紹介は良いことだけではなくデメリットがある事を理解していますか。
理解をしていれば問題は無いのですがデメリットを知らない方の為に参考程度にデメリットを紹介します。

外壁塗装業者を、お知り合いに紹介してもらっているだけに、
もし外壁塗装が完成した後に何か不具合があっても紹介してもらった方の手前もあり、なかなかクレームを強く言うことができません。

他には、見積もりの金額が明らかに相場より高くても、
「高すぎる」ということは、なかなか言いづらいものです。

また、見積書で少しの予算オーバーをしていても紹介なので、その少しは受け入れようと考えてしまいがちだと思います。

そして、外壁塗装の提案を受けた後で、予算などの不都合で断りたいと思っても断るのにかなり気を遣います。
下手に断ってしまうと紹介してもらったお知り合いとの人間関係がおかしくなる可能性すらあります。
外壁塗装業者だけではなく、お知り合いからの紹介は、上記のようなリスクがあるということを覚えておいてください。

外壁塗装の一括見積もり
外壁塗装の一括見積もり 外壁塗装の一括見積もり